トップページへ ≫ 夫婦別姓 ≫ 別姓 回顧記録 その2

別姓 回顧記録 その2

引き続き、過去の記録・・・

その2 周りの意見(同僚編)

女性なら誰でも、
「どうして、結婚したら当然ダンナの姓を名乗るものだと
刷り込まれているんだろう。おかしいな。」
って、考えるよね。思うよね。うんうん。

なんて、周りの同僚は思ってなかったっすね。みんな、結婚して苗字が変わることにあまり抵抗がないようで。
「そんな風に思っているなら、どうして結婚するの?」という雰囲気・・・

意外だったし、ちょっとショックでした。

まぁ、それは価値観の違い。仕方のないことだと思う。一人ひとり大切なもの、スキなもの、守りたいものが違う。考えてみれば、当然のことです。

あたしだって、相手が「如月」だったら苗字を変えたかも知れないし(笑)

しかし「どうして結婚するの?」という質問をされると答えにつまります。『結婚をする必然性』という問題は、あたしにとってとても重い問題なのです。
あたしは仕事が好きで、家の事より仕事の方が優先順位が高いです。
たいていの事は自分ひとりでやっていける自信もあるし、仕事を辞めて家にいることは、いまだに想像がつかない・・・。
ダンナの稼ぎより、今後の自分がどこまで稼げるかの方が気になる・・・。
どうして結婚すると決めたのだっけ?

ちなみに、ダンナは会社は違うが同じ職業で、良き上司&先輩。年齢が少し離れていることもあり、とても冷静な人なので、口うるさくて強気なあたしには合うと思っています。但し、パートナーとして。

ダンナにしてみたら、失敗だったんだろうな。ゴメンネ!家に帰れば毎日、綺麗な妻と温かい食事、なんて起こりえない。
あたしが欲しいです。↑それ。
注)だましてはいないですよ!もともと、ダンナだって重々承知のこと(のハズ)。

ま、それは置いといて・・・。


みんな、「そうなんだ、頑張って」とはいうものの・・・。
一番欲しかった女性の支持は思うほどに得られなかったように思います。
そうでなくても、ソフトウェア開発の仕事は女性が少ないのに・・・。
Posted by sheana at June 04, 2005│Comments(0)TrackBack(0)夫婦別姓
〔別姓 回顧記録 その2〕へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sheana/24149109