トップページへ ≫ 夫婦別姓 ≫ 別姓 回顧記録 その6

別姓 回顧記録 その6

引き続き、過去の記録・・・

その5 周りの意見(両親編)

結婚式の1ヶ月ほど前だったと思います。会社との通称使用に関する話合いがうまくいかず、
「姓を変えたくないので籍を入れないかもしれない」
と両親に伝えた時、母親・父親共にそれは驚き、動揺していました。

「お前がどんな苗字になっても、娘であることには変わりない。」
その言葉はとてもうれしかったのですが・・・。

父親は4人兄弟の長男で家を継いでいますが、子供はあたしを含め女だけ。
昔から、「婿をとれ、家を継げとは言わない。お前らの世話にはならないから安心しろ。」と言われてきました。

あたしが女なので、両親としては「嫁」に出す覚悟ができていたのでしょう。
その時、娘の苗字が変わるのは当然で、そのことに何の抵抗も疑問もない・・・。
両親にしてみれば、あたしが苗字を変えないことに対する相手の両親の反応が怖かったのだと思います。ダンナは長男で、実家は自営業です。確かにキビシそうですね。

思い起こせば結納の時・・・、
ダンナの両親は「大切な娘さんを頂いて」という言葉を頻繁に使っていました。
あたしの両親は、「こんな娘でお恥ずかしい」としきりに返していました。
あたしは、「モノのやりとりかよっ」と思いながら・・・
虚しくてその類の会話は意識的に無視していました。

・・・実際、あたしもダンナの両親に自ら話を切り出すことは出来ませんでした。
考え方や価値観の違いは埋められないような気がして・・・。ダンナには何度も「改姓したくないことを話して欲しい」とお願いしましたが、残念ながら非協力的で、話してもらえませんでした。


結局はどちらの両親の了解も得ないままとなってしまいました。
ダンナの両親には、説明すらしていません。(おそらく、籍を入れたと思っているはず。)
あたしの両親は、あたしが籍を入れていないことを知っていますが、そのうち入籍すると信じています。(実は戸籍すら実家に入ったままなので、ちょっと調べられたらバレてしまいます。早く分籍しなきゃ!)
両親に理解してもらうことが、今後、事実婚を通していく上で、一番の課題です。


あたしの両親は、田舎生まれの田舎育ち、普通にカタイ人々です。

ある時、テレビを見ながら、
「結婚してから一緒に住み始めてうまくいかないことが分かるよりは、
事前に同棲して見極めた方がいいのかなと思う」
と言ったとき、その考え方に対して猛反対されました。
「婚前同棲なんて絶対に許さない。同棲するならもう実家には帰ってくるな。
ご近所にばれたら何て言われるか分からない。ここに住めなくなる。」と。
あの・・・「同棲したい」宣言をしているわけじゃないんですけど・・・。

2005/6/13 追記

この記録の中であたしは「嫁に出す」という言葉を使っていますが、正確には「婚姻届を出すと、新しく戸籍が作られる」のであって、ダンナの家の戸籍に入るわけではないんですね。なので、この「嫁に出す」「嫁をもらう」っていうのは、言葉と実態があっていないわけです。

何でしょう、この染み付いた古臭い感覚。そんな自分にびっくり。

あたしは、「婚姻届」を出していないので、「婚姻届」の影響範囲はよくわかっていなくて、このことも最近になって調べて知ったことです。お恥ずかしい・・・

知っていたら、結納の時に「『もらう』という感覚は違いますよね。」などと指摘できたのに。(嫌な女だ・・・)

Posted by sheana at June 11, 2005│Comments(4)TrackBack(1)夫婦別姓
〔別姓 回顧記録 その6〕へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sheana/24997090
この記事へのトラックバック
週末2日使って、相方と一緒に両家の親に挨拶に行きました。 話の主旨は、もちろん、、、 1.共有でマンションを購入。(結婚を前提に) 2.結婚は、入籍しない夫婦別姓。 長い長い付き合いだから、両家の親とも顔なじみではあったけど、 「まじめにあいさつ」っての
結婚は夫婦別姓、マンションを共有名義で購入。親の反応。。。【■欲張りな三十路ライフスタイル■負け犬卒業まであと・・・日?】at July 11, 2005 19:03
この記事へのコメント
こんにちは。
親の価値観なんてそう変わりませんから、理解してもらうというよりも、自分があまり気にしないことが一番だと思います。
Posted by 御神崎 at June 22, 2005 23:49
やはり、そうそう変わりませんかね・・・。(やはり、少し心配してしまう〜)

御神崎さんのブログ、あたしが『こうしたい』と思っていることがたくさん書いてあって、すごくうらやましいです。
例えば、ダンナに育児休暇を取ってもらうことや、
子供を産んでからもちゃんと仕事を続けること!

後を追います♪
Posted by シーナ at June 23, 2005 00:43
こんにちは、たんぽぽです。

親御さんとか、身内対策でいちばんいいのは、
積極的にはなにもしないで、時間に解決させる、
つまり、既成事実を作ってしまうことかもしれないです。

それから、戸籍を覗かれる心配が、おありでしたら、
「分籍」しておくことも考えられるけど...
分籍であなたが抜けた跡が、親の戸籍には、記録されるから、
親が自分の戸籍を見たとき、なんでこんなことしたんだ?と、
不審に思われることはあるかもしれないけど...
でも、あなたのいる戸籍を、直接見ることはできなくなる。
Posted by たんぽぽ at June 23, 2005 18:01
実は、ダンナの家族に弱みがあって、ダンナの妹さんが保険の営業しているんですけど、
結婚する前に(泣きつかれて)生命保険に入ったんです。
結婚式のあとしばらくして「シーナさんの苗字の変更は?書類送るよ?」って
ダンナに連絡があったんです。
ダンナは「う〜ん、まだ・・・」と誤魔化したみたいなんですけど、
ダンナの実家で妹さんに会うとドキドキ!

「分籍」について、色々考えてみたんですけど、
結局、本籍地は実家の住所にしてしまう気が、します。
そうしたら、戸籍は分かれるけど、あまり意味ないですねぇ。
放置でいこうかなぁ。

アドバイスありがとうございます!!
Posted by シーナ at June 23, 2005 20:42