トップページへ ≫ 事実婚の日々 ≫ 両親からの手紙

両親からの手紙

あたしの両親は、少なくとも、あたしが改姓したくないことは知っているはず・・・。
いや、はっきりと「変えたくない」と言いましたから、わかっているはず。

そして、母親譲りの気の強さで、自分が納得しないと考えを変えないこともわかっているはず。

そんなあたくしに対する挑戦でしょうか?
それとも、尻に敷かれているであろう、ダンナを思いやってのことでしょうか?

あたしの実家からの手紙・小包の類は、ダンナ宛てに来ます。
それが「確実」に、あたしが依頼したものであっても。

あたしから実家宛に荷物を送ったりするときは、常にシーナ姓で出します。
だって、それ以外書けないんですもの!

久しぶりに届いた手紙は、ダンナ宛て。
もうあたしのフルネームは書いてもらえないのかな、と思ったらちょっと寂しくなりました。

もしかしたら、ダンナ宛てにしているのはダンナ姓+シーナ名を書くと
あたしが嫌がると思ってのことかも・・・。
気を遣わせているのかな。

Posted by sheana at June 23, 2005│Comments(4)TrackBack(0)事実婚の日々
〔両親からの手紙〕へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sheana/26145555
この記事へのコメント
はじめまして。
私も改姓したくなくて、事実婚です。私の母もシーナさんの母と同じく、私宛であっても夫の姓名宛に出してきました。今でも殆どそうです。
母曰く、「普通なら妻が改姓すべきところを、娘のワガママを受け入れて別姓(事実婚)にしてくれている。だからこそ婿を立てたい」みたいな感じです。

でも、実の親くらい、自分の味方でいてほしいと思ってしまいます。私の気持ちも考えてほしい、と。
Posted by おりた・あこ at June 24, 2005 00:25
はじめまして!
とはいっても、あたしが婚姻届を出す・出さないで揺れていた時から、
度々ホームページにお邪魔して、参考にさせていただいてます♪

2005/4/20の日記「従兄の披露宴にフルネームで招待いただいたこと」を読ませていただきました。
すごくいいです!!うらやましいです!
あたしは、時間が解決してくれるのを待つしかないような気がしているので、
そんなステキなことが起こるのは、ずっと先だと思われます・・・。
Posted by シーナ at June 24, 2005 12:55
親御さんは、旦那さんに気を使っているのだと思います。
それはまた、親の愛情なんだと思います。
母は私のフルネームで手紙をくれますが、父は、旦那のフルネーム+私の名前(姓なし)で手紙をくれてました、ずっと。
いつか理解してくれる、、?いえ、理解してもらう前に、そんな父も少々ボケ入ってきて、手紙をくれることももうないかしらん。
それはそれで、私への姓無し宛名が懐かしかったりします。
自分の親がどう呼ぼうか、なんていうことは私自身あまり気にならないですけどね・・・。でもシーナさんは、親に理解してもらいたいお気持ちが大変強いのでしょう。
事実婚やってると実は自分が自分のままで居られるので、正直に言うと、名前とか別姓問題とかどうでもよくなってしまうんですね。これがまた。
Posted by 御神崎 at June 24, 2005 22:30
できれば、理解してもらった上で事実婚を続けたいと思ってしまいます。
けれども、大反対されたら婚姻届を出すかというと、それはないかなと思います(笑)。1年経った今では。

そうか、理解して受け入れてと言うより、もう諦めて欲しいのかも知れないですね。

ずっと「それもこれも夫婦別姓の法案が通らないから!」と思っていたのですが、
最近は「これはこれで楽チン♪」と感じてしまう・・・。
事実婚の罠でしょうか?
Posted by シーナ at June 25, 2005 00:18