トップページへ ≫ お仕事ですよ ≫ アルバイト日誌

アルバイト日誌

4月始め、個人事業主の知り合いに「おもしろそうな仕事があるんだけど、やる?」と誘われて、出来心で小さなシステム作りの闇バイトを始めました。最初に聞いた納期は5月末。

「え!?この規模、この期間でこんなにもらっていいの?」という、おいしい副業♪話だったのです。

顔合わせ&打合せは順調に進み、持ち帰りの仕事だったため土日やGWを使って作りました。出来上がったものを見せて、ちょっとした追加要件を受け、「これで収めて終わり!勉強になったし、面白かったし満足。」と思っていたのは、確か5月の終わり。後は、納品向けの打合せを行うのみのハズでした。

ところが・・・、担当の方が忙しくて手が回らない、とそのまま放置されること半月
もともと、あたくし→知り合い→二次請け→一次請け→エンドユーザ(お客様)と距離感たっぷりでレスポンスがかなり悪く、期限に関しても一次請けの都合でのびのびになってしまうような状況で、当初のおいしい感はすでに薄れています。仕事って難しい、と思います。相手がいてのことですからね。

早く卒業したいよう、と思っていたところへ「お客様から機能追加の要望があります。」という連絡が!
打合せをして内容を確認すると、メインの機能に対する変更で、全てを要望どおりに実現するには、今まで作って試験してきた部分にかなり手を入れないと対応できないことが判明。まぁ、お客様の感覚としては「ここをちょっと変えるだけでしょ」ということなんだと思いますが。

結局、費用の問題もあり、一旦は追加を取り込まない状態で納品することになりました。
その際、一次受けに「追加については、お客様に確認とれ次第すぐ連絡します」って言われたまま、連絡来ないんですけど!!


この闇バイトについては色々ありましたけれども、会社を脱出しようとしているシーナにとってはすごく勉強になりました。

今回は、紹介してくれた個人事業主の知り合いが営業として間に入ってくれたのですが、私がもし個人で契約していたら、自分でキチンと話をつけて当初の契約分だけでも先に支払ってもらわないと、この2ヶ月は収入がなかったわけです。かつ、仕様追加に関しても、「費用が追加になります」とはっきり言えなければ、その分は泣き寝入り、ただ働きになってしまいます。今回は、もともとある程度の追加があることを予想して金額を提示していたのですが、もうある程度は完全に超えた気がします・・・。

契約に関しても、最初に「エンドユーザに対する最終的な納期はいつか?」を聞いておけば、もう少しこの『だらだら』状況を予想できたかも知れません。最初に聞いた納期は、どうも二次請けが勝手に想定した納期だったらしいんですよね。

会社脱出に向けて、良い経験ができた、ということにしよう!
(まだ、しばらく過去形にはできなそうですけどね)

Posted by sheana at July 09, 2005│Comments(2)TrackBack(0)お仕事ですよ
〔アルバイト日誌〕へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sheana/27576164
この記事へのコメント
会社脱出、どんどん行動すべきですよ〜。
このままフリーに向けてもいいでしょう。
人材バンクをたくさん登録して、転職活動されるのもよいでしょうし!
Posted by 御神崎 at July 11, 2005 01:59
そうですね!
会社に対する思いもないままダラダラしてしまって動けなくなるのはヤだな、と感じます。
ここのところ、職場にスーツを着ていくようにしているんですよ。頼まれてもいないのに!
いつでも転職活動を開始できるように♪と思って。
Posted by シーナ at July 11, 2005 12:15