トップページへ ≫ お仕事ですよ ≫ 使えないひと

使えないひと

あまりに使えないと思うひとがいます。

シーナは小さい会社に勤めているので、今は、大きい立派な会社に雇われる形で働いています。その会社の役職者約1名が、非常に使えません。初めて見ました、あんなに使えない人。どうやって役職がついたのかわからないです。

といっても、「なぜこの人にこの役職がつくのか?」と感じる人はそれなりにいて、それは「上から見る」と「下から見る」との差なのかも知れませんが。

その人の周りの人々が優秀なので、余計に際立ってしまうのか。その使えなさ具合はどこにあるのか・・・。
反面教師として箇条書き!あたしはこうはならないぞ!


■打合せなどで自分が困る話題になると、普段から大きな声がさらに大きくかつ威圧的になり、無理やり話を終わらせてしまう。(その話、次いつするんだろう?)

■たいてい何も考えていない。システムに興味がないらしい。(もともとシステム屋さんではないそうだ。)

■ずっと手足として働いてきた人が別プロジェクトに移った途端、ダメダメ具合が顕著化した。(皆がやっと「あ、全部あの人にやらせてたんだ」と気付いた。)

■資料を作るとか依頼書を作成するとかいった細々した仕事は、自分の仕事ではないと思っている。なんとかそういった作業を他人に押し付けようと必死である。(他にやることがあるのだろうか・・・。)

■打合せ資料が誤字脱字だらけだった。おそらく作りっぱなしで、事前に誰にも見せていない。(内部打合せだったのでまだ良かったが、お客様との打合せだったらどうするのだろう。)

■お客様に対する感謝の気持ちなどまるでなく、立場は対等かそれ以上だと思っている。ゆえにお客様と喧嘩をし、そのとばっちりが下に来る。(お客様向けの報告書の書き振りを変えるよう求められたときの理由は「あの人(お客様)にはいつも散々言われてるんだから!」だった。わからない・・・。ケンカは最後まで自分でして欲しい。)

■このプロジェクトになじめず、異動願いを出しているらしい。よって、起こる事件はすべて人ごと。(楽園は「使える部下がいて、自分は指示と説教のみ」だと思われる。)

■事前のネゴとり、意識合わせ、すり合わせ一切なし!常にぶっつけ本番だ。


同期に話したら、「わかるわかる!どこにでもいるよね。」と言われました。・・・どこにでもいるのかぁ。

Posted by sheana at July 14, 2005│Comments(2)TrackBack(0)お仕事ですよ
〔使えないひと〕へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sheana/28050219
この記事へのコメント
いや〜、こんな時代にのほほんと会社に居られるなんて、天然記念物ですね!
Posted by 御神崎 at July 15, 2005 00:07
えぇ、このご時世、プロジェクト移ったところで事態は変わらないんじゃないかと思われますが・・・。
ただ、大きな会社なのでそういう人が普通に働ける部署(本社?)もあると聞きました。それはそれでうらやましいかも。余力があるってことですね。
Posted by シーナ at July 16, 2005 00:15