トップページへ ≫ もばいる日誌 ≫ カッコイイおばさんIV

カッコイイおばさんIV

あたしの母方のおばさんのお話@ケータイのその4です。

おばさん一家が買った一戸建のローンは、おじさんと一人息子の名義になっています。ただし、このローン、すぐに返せるという目論みがあったのです。原資はおじさんが相続した親の遺産の土地。田舎の土地ですが、売ればそこそこの金になると踏んでいました。

ところが話はそううまくいきませんでした。その土地は、通りからはちょっと入った場所にあり、かつ隣接する土地の所有者ともめたために思うように私道を通せず、かなり使いにくい状況になってしまったのです。よって、売れず・・・。

おじさんは出向先の仕事を3年ほどで辞めました。それまでにもらった退職金も「手元に現金が無いと不安」という理由で、ローンの返済に充てるでもなく貯蓄に回すでもなく本当に手元に置いてしまいました。そして見た目にはなに不自由ない生活を送っているようでした。

ある日、おばさんから母親に電話がかかってきて、こう言ったそうです。
「お金がない。田舎の土地が売れるか、息子が結婚して嫁にも働いてもらうかしないとやっていけない。さもなくば、旦那の生命保険をあてにするか・・・」
おばさん一家は、手元に残していたお金をほとんど使いきってしまったそうです。結果、一人息子の稼ぎでは足りず、おじさんがまた働きに出ているようでした。それも、年齢が年齢なので駐車場の誘導のようなバイトをしていると・・・。

こう言われて、母親は悩んだものの、おばさんにお金を貸すことはしませんでした。「今いくらかお金を貸したところですぐに使ってしまう。あの人は生活を変えなければだめ。」と。

おばさんは憧れの人だっただけに、話を聞いてとても悲しくなりました。一度上げてしまった生活レベルを落とすことは、プライドもあって難しかったのかもしれませんが、自分達の今後も含めて当然ながら計画を立てるべきであったと思います。自分達の収入の中で無理なく生活すること。心掛けさえあればさほど難しいことではないと思います。

あたしは、母親に「あなた達(娘2人)の世話にはならないわ。自分達でやっていけるだけのお金は貯めてあるから。安心して。」と言われてきました。(だから貧乏だったのね(笑)。そして、浪人しちゃってゴメンね!)今の両親は、2人で旅行に行ったり趣味に興じたりして、楽しそうに暮らしています。

どこで歪みが起こってしまったのか・・・年金もまともに受け取れないであろう自分達の老後について改めて考える機会になりました。
(必然的に、子供についても考えなくちゃ・・・かなぁ・・・)

Posted by sheana at August 08, 2005│Comments(6)TrackBack(0)もばいる日誌
〔カッコイイおばさんIV〕へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sheana/29896982
この記事へのコメント
どうしてそのおばさんは、その仕事をやめちゃったんだろう・・・。
Posted by うがんざきぃ at August 09, 2005 00:56
共産圏貿易の会社にいて数年前に引退したおばさん(ウチの母のイトコ)は、結局独身を通し、今は母親の介護の傍ら、元いた会社の顧問的な立場でビジネス文章の翻訳などを目ん玉が飛び出るほどの桁違いの時給(換算)で請け負ってるそうですが、たまに日比谷あたりで昼間の観劇などにウチの母と行って美味いてんぷらやら寿司やらをつまんだりする他、日常生活は至って地味だそうです。マンションも東京北部の築30年くらいの普通のマンションだし。

同じように稼いでも、小原庄助さんのように身上潰すか否かは、性格次第としか言い様がないですねぇ。。。
Posted by エイサク at August 09, 2005 03:32
◇うがんざきぃさん

引っ越し先がそれまでの一家の拠点から1時間近く離れていたから仕事を続けられなかった、とあたしは勝手に思っていたんですけど。よく考えれば、おじさんとおばさんは同い年なので、続けていてもどのみちすぐ定年を迎えた可能性はあります。
いずれにしろ、自分達にすぐ収入がなくなる事がわかっているのに、見込みで一戸建を建ててしまうのは甘すぎですね・・・。それなりの貯えがあってそれを充てるならともかく・・・。
Posted by シーナ at August 09, 2005 18:41
◇エイサクぅさん

>日常生活は至って地味
大切ですよね。趣味も日常生活も、お金をかけはじめたら際限ないと思います。ちょっとくらい他の世帯より多く稼いだからといっても、所詮は庶民です。今まで同様、この先の一生を優雅に暮らそうったってムリかと・・・。
おばさん一家、なんとか生活を立て直してくれるといいんですけどね・・・。
Posted by シーナ at August 09, 2005 18:56
まあ、人間というのは、適応力がありますから「何とかなっぺ」と思います・・。何とかするしかないしね。
Posted by うがんざきぃゥィ at August 09, 2005 20:15
◇うがんざきぃゥィさん

いいなぁ、遊べて。(・・・シーナぁゥァさん・・・ちょっと違う感じ。)
ま、あたしはおばさんを見守るしかないわけです。何ヶ月かの面倒を見ることならできるかも知れませんが、これから死ぬまで生きていかなければならないのは、本人ですからね。
Posted by シーナ at August 09, 2005 22:27