トップページへ ≫ 事実婚の日々 ≫ 内縁の妻?

内縁の妻?

職場で、年末調整の書類を記入していた後輩(子持ち)に言われました。

「シーナさんは、ダンナさんとどういう関係なんですか?」

彼は、あたしが婚姻届を出していないことを知っていて、書類の配偶者欄を見ながらふと気になって聞いたようです。

「んーと、無関係?世帯も別だし。」

と答えてみました。

「あの・・・、いわゆる内縁の妻ってヤツですよね?」

と、そこから、周りの人との「内縁の妻」のイメージ合戦が始まりました。

着物を着ていそう、日傘をさしていそう、か弱そう、などなど。
とりあえず、あたしには、どれも合致しないということで落ち着きました。

Posted by sheana at November 17, 2005│Comments(11)TrackBack(2)事実婚の日々
〔内縁の妻?〕へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sheana/50202172
この記事へのトラックバック
シーナさんのブログ「内縁の妻?」からインスピレーションを受けた緊急調査です。 内縁の夫のイメージ そして 事実婚の夫のイメージ 夫婦別姓に絡み、内縁や事実婚と言うと、どうしても妻側の話に終始する傾向が強く、その「夫」の側への視線は欠落していると言って良い...
緊急調査!(内縁と事実婚の夫)【歌うたいのカケラ】at November 18, 2005 05:33
『シーナのつくり方』、11月17日のエントリ「内縁の妻?」。 職場のかたたちの、内縁の妻のイメージなんだけど、 「着物を着て、日傘をさして、かよわい」なのだそうです。 (なかなか示唆的というか、イミシンなものを、わたしは感じた...) http://blog.livedoor.jp/she...
「内縁の妻」のイメージ【たんぽぽのなみだ~運営日誌】at November 23, 2005 20:55
この記事へのコメント
着物を着て、日傘をさして、か弱い。。。。。
それはそれで萌え。(爆

思いのほか保守的な異性観を保有中。
Posted by エイサク at November 17, 2005 02:38
内縁の妻って、暗めの桃色に見えます。
未届の妻って、緑色に見えます。
(…違うか。字に色がついて見えるんですよ。)

内縁の妻っていうと「ええっわけあり?」って顔をされるんですが、「別姓なんですー」とさっぱり言えば大丈夫だったり。
割とふるい言葉で、いろいろイメージがついているのですかねえ。
Posted by おりた・あこ at November 17, 2005 20:56
◆エイサクさん

も、萌えますか(笑)
意見としては、「コホコホと咳をしていそう」(つまりは病弱?)というのもありましたよ〜。


◆あこさん

少なくとも、職場の同僚の「内縁の妻」に対するイメージは変わった気がします。
違うパターン(笑)もある、ということで。
Posted by シーナ at November 17, 2005 22:24
すいません、「か弱い」のところを「か細い」に変えて頂けると、より萌えます。って、そういう話じゃねーよって?

つか、むしろそういうステレオタイプな内縁の妻のほうが、強かに生きてるような気もしてみたり。
(ステレオタイプにして多分ものすごく少数)
Posted by エイサク at November 18, 2005 04:43
いろんなイメージがあっていい、というのは大前提ですが、それはさておき。
暗めの桃色、とか、日陰とか、かいうイメージ、
「それとは違うのよ!」
そう思ったら、それも差別的。
Posted by うがんざき at November 18, 2005 13:38
同じような質問されて「ダンナです」ってこたえたことがあります(・_・;

とっさに何て答えていいのか、わからんかったもんで^^;

シーナさんは住民票の世帯別なのですか?
私は妻(未届)でございます。
いちおう結婚式前は別々にしといて、結婚式してから一緒にしたんですよ〜〜。
なんか、これがあるだけでもいいもんですよ♪
Posted by べにさぶろう at November 19, 2005 12:59
「内縁の妻」のイメージ、なるほどねえ...

それだけ古式蒼然として、前時代的で、
いまどきいなくなっているという、印象なんでしょうね...
Posted by たんぽぽ at November 20, 2005 19:18
◆うがんざきさん

実態として(法律上?)は、なんの違いもないと言うことで。
しかし、皆から出たイメージが何に基づいたものかはよくわかりませんでした。
そういうドラマでもあったのかなぁ。

◆べにさぶろうさん

・・・すんません、あたしの同僚への返答は、若干の自虐ギャグが入っています。(職場に笑いを!)
いつもは、フツーに「ダンナ」と答えますよ!

◆たんぽぽさん

イメージの話をしていたのは、全員、既婚の男性でした。

このときのあたしには、内縁の妻のイメージが全くといっていいほど浮かびませんでしたが、皆の中にあるはっきりしたイメージに、少し驚きました。
Posted by シーナ at November 21, 2005 23:20
事実婚のイメージが先行しているせいか、
わたしも、ことばの言い換えくらいの感覚しかなくて、
意外なイメージを持たれているんだなと、思いましたよ。
(職場のかたたちは、「すでに前時代のものとなった、
正式な妻として迎え入れられない、弱い立場の女の人」なんてのを、
たぶん、思い浮かべるのかも...)

「届けを出していない、内縁!?」と、びっくりされちゃう、
ゆえんの一端は、こんなところにもあるのかなと、
ちょっとした発見の気分です、はい。

それにしても、イメージしたのが、みんな結婚している男性、
というのも、理由があるのかな...?
(わけあって、不幸に苦しんでいる女性(「かわいそうに...」)とか、
不幸にしている男性(「ゆ、許せん...」)とか、
そういうのを考えちゃうんでしょうか...?
Posted by たんぽぽ at November 22, 2005 23:41
近くにいた未婚男性は、この話題の間は会話に入って来ませんでした。
既婚男性の方が、結婚やその周辺の出来事に対して自分なりのイメージをはっきりと持っているのかも。イメージは、女性が結婚を求めても、受け入れてもらえないような状況を想定してる感じですよね。
Posted by シーナ at November 23, 2005 15:26
どうも、女性は結婚によって保護される、という感覚みたいですね...

でもって、モンダイなのは、
「女の人とは、いまもってそういうもの」と、思っているか、
「結婚で保護される、ということ自体、過去のお話」と、
思っているか、だよね...
Posted by たんぽぽ at November 23, 2005 21:10