トップページへ ≫ お仕事ですよ ≫ 厳しい冬です

厳しい冬です

冬の賞与が去年より異常に少なかった(涙)ので、あたしの所属する部を統括している役員に直談判してみました。まずはメールで。その後、会って話をしました。

まぁ、言わないよりは言っとけ、納得いかないなら言っとけ、後悔するくらいなら言っとけ・・・。

今回は、事業部に所属する人の評価は役員自身がすべて行ったとのこと。プロジェクトで一緒に働いている直属の上司によるあたしの評価は、面接前に参考程度に聞いただけのようです。月に1度会うかどうかの人に半年に1度の評価をされたのか。んで、賞与を下げられたのか(怒)

実際に会って聞いてみると、あたしの今回の評価は去年より下がっていて、可もなく不可もなくフツーのランクでした。さらに話を聞くと、去年プロジェクトに問題が発生している時に「頑張っていたから」という理由で評価が上がって、その後元に戻った、ということのようです。
ふーん、アクシデントが起きると、頑張ってるって評価されるのね・・・。

ちなみに、評価のフィードバックを受けたのは、入社後初めてでした。そう、今まで自分社内でどういう評価をされているのかも知らずに生きてきました。文句言わないと教えてもらえないのか!

今回の評価の結果、フツーより上の評価を受けた人が例年より多かったので、同じフツーランクでも人によって賞与の目減り感があるようです。

まぁ、納得いかないので(去年との差額はかなりある!)
「何をもってフツーと評価したのですか?」
「このプロジェクトで頑張っていっても、これ以上は上がらないということですか?」
「問題が発生したプロジェクトの方が評価されやすいと言うことですか?」
「受託で仕事をしている人の方が評価されやすいということですか?」
と嫌味(文句?)を言い放題でした。

最初の「賞与がだいぶ下がったけど、どうしてですか?」というメールは、他の役員もCCに入れて送信していたので、後日たまたまあった別の役員に「話し聞いて納得したのか?」と声をかけられました。全然納得していないので、「納得はしていません!」と即答しておきました。

会社辞めるつもりなのはバレていないようだけど、計らずも辞めるのに適当な対外的理由ができてしまった・・・ような気がする今日この頃です。

Posted by sheana at December 27, 2005│Comments(0)TrackBack(0)お仕事ですよ
〔厳しい冬です〕へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sheana/50273626