トップページへ ≫ お仕事ですよ ≫ コトの顛末

コトの顛末

退職中間報告・その2で書いた、「別の会社経由でこのプロジェクトに残らないか」事件には、実は裏があった事が判明致しました。大人の汚れた世界です。(なーんていうほど、荒んだものではなかったですけど。)

いやぁ、笑わせてもらいました。

あたしが会社を辞めると知った後、契約先の会社の人(Aさんとします)は、まずあたしの上司に「彼女が会社を辞めるのは仕方無い。こちらとしては、別の方法でここに残ってもらえるように働きかけようと思っているけど、いい?」と、了承を得たようです。

Aさんから「話があるから時間をつくって。」と言われたとき、後から面倒なことになるのは嫌だなぁと思ったあたしは、上司に「Aさんに、話があると言われたんですけど・・・。」と言ってみました。すると、上司は「あぁ、聞いているよ。向こうも色々と話したいことがあるんでしょ。」という軽い話だったので、時間をつくって飲み(笑)に出かけたのでした。

そこで、Aさんに「別の会社経由で残らない?」と誘われるのですが。

その後、上司に「Aさんとの話、どうだった?」と聞かれたので、「別の会社経由して残らないかって言われました。」と素直に話すと、「そうか、実はそのことは事前に聞いていたんだけど、会社のことは気にせず、自分でどうするか決めればいいよ。このプロジェクトに残りたければ、申し出を受ければいいと思う。ただ、このプロジェクトが嫌で抜けたいと思っているなら、今は抜けるチャンスだよ。」と。

あたしは単純に「へぇ〜、上司も会社も心の広いことですなぁ。」と思い、そのことに関しては特段疑問に思うこともなかったのです。「少し考えます。」と言ったものの、それはちょっとした時間稼ぎ。自分の心は、「このプロジェクトには残らない」と決まっていたので、Aさんには早々にお断りをしました。

で、その後、プロジェクトのメンバーから聞いちゃいましたよ。真実を。

あたしの勤める会社とこの契約先、最近仲が悪いらしいんです。あたしの勤める会社は、人減らしをさせられて、この先採算が取れるかどうかわからないこのプロジェクトから完全に撤退することを考えていたみたいで・・・。
ただ撤退するとなると、システムを誰が面倒みるのか?といった問題もあり、なかなか許されないらしく。そこへ出てきたのがアタクシの話。あたしがもし別契約で残留を決めれば、会社としては「許せんっ!じゃ、人も残ったことだし、もういいよね?では、さようなら〜!」と撤退するつもりだったと。

それも、この話は「奥の手」だったらしい・・・。(実は、危なかったのか!?)

あぁ、これですっきりさっぱり。こちらから、さようならです〜!

Posted by sheana at March 22, 2006│Comments(2)TrackBack(0)お仕事ですよ
〔コトの顛末〕へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sheana/50474141
この記事へのコメント
他人ごととは思えません。
いえ、シーナさんではなく、Aさん。
撤退しようとしてる会社に使える人が居たら、temaも同じ行動を取ると思います。なんせtema、大人ですから。

それはそうと、先ほど気づきました。リンクありがとうございます。
Posted by tema at March 23, 2006 01:02
temaさん、こんばんは!
大人ですね〜。あたしはまだ子供なんでしょうか。
最近、花粉症もひどくて、ちょっと疲れ気味です。
抜けることが決まってからは、あんまりプロジェクトの事に口出しできなくなっちゃいましたし。(あーでもない、こーでもないと、いろいろ言いたいタイプらしい・・・。)

そうそう、勝手に(笑)リンクしちゃいました。
Posted by シーナ at March 23, 2006 22:58