トップページへ ≫ よしなしごと ≫ 救済措置

救済措置

成城トランスカレッジ!この記事からリンクされている『いわゆる救済措置について』を読んで、自分の学生時代の事件(笑)について思い出しました。

アレは、大学1年の後期試験で起きた事件でした・・・。

大学に入って驚いたのは、書籍(教科書)を大量に買わされることでした。
入学後、授業が始まるまでの期間だけでも、5万以上は確実に買ったと。どんだけ買うんだと。一冊一冊が高いんだよ。・・・と思いつつも、あたしは小心者なので、「必要だから買いなさい」と言われれば買ってしまうタイプでして。いい子に、言われるままに全部購入したのです。

あの授業は・・・1年の必須科目で、学年を何分割かのクラスに分けて、時間をずらして授業があるという、クラスが違えば意図的に教科書の使いまわしができる授業でした。事前に先輩からそのことを聞いて、教科書を買わない人や友達と共有する人もいました。

その授業で使う書籍として指定されていたのは、全て担当の教授の著書(それも複数冊)でした。学校の売店の書籍コーナーには、当然ながら必要数の書籍が平積みされていたので、みんなが書籍を購入していない状況を教授はお見通しだったのでしょうか。

事件は、後期試験で起こりました。

試験前に「教科書持込OKです!」との連絡が。湧き上がる歓声(ウソ)。
教科書を持っていない人は、売店へダッシュ!です。そして、売店の在庫は、みごと売り切れ・・・。
その後、残念ながら購入できなかった友人に「試験当日に教科書を貸してくれないか」と頼まれました。試験もクラスごとに日程が違ったので、「いいよ〜」と安易な気持ちで貸したのです。

その子が試験を受けた後、「ごめん!教科書取られちゃった!」と・・・。えぇっ、何か起きたの?取られたって??

何かと思ったら、その教授は試験終了後、クラス全員の教科書を「次の学期まで預かります」といって回収したのです。あぁ、あたしの教科書・・・。書き込みもしてあったのに。

あたしのクラスの試験は数日後に迫っていました。友人は、「何とかして教科書を調達する」と言って、おそらく大きな書店を回ったのでしょう。あたしの手元には、新品の教科書がやってきました。

そして、あたしの試験当日。

答案用紙とにらめっこしながら、新品教科書を開いているうちに。プチっと。頭の中で切れちゃったんですよ、何かが。
「おまえはそんなに自分の著書を買わせたいのか」と。今思えば、論点はそこかって気もしますが。(若い?)
そう思ってしまったらもう止められず。回答用紙はほぼ白紙のまま、その白紙の裏面にびっしりと、「試験終了後に教科書を回収するという、このやり方はいかがなものか。正直がっかりした・・・」と意見を書き連ねたわけです。最後は、「こんな授業の単位は要らない」って感じで。きまったね!あたし。

で、書き終わってから試験終了までの数十分。(もー、問題解く気ゼロ。)渾身の文章を読み返しているうちに、だんだん冷静になってきて・・・。間一髪のところで、裏面にびっしり書いた「あたしの思いのたけ」はキレイに消しました。あー、鉛筆で書いといてよかったー(笑)じゃなくて・・・、はい、何とでも言ってくださいよ。ダメ人間ですよ。ちょっと大人になったのかな。(遠い目。あ、石は投げないで・・・)

とはいうものの、解答用紙はほぼ白紙のまま・・・。まだ1年だったし、この単位を落として来年度に取り直す場合は、別クラスが用意され担当の教授が変わることを知っていたので、「それでいいや。」と。

試験数日後、その教授に呼び出されました・・・。

あたし、授業はそこそこ出ていたので、その教授はほぼ白紙の答案を見て何かを感じたのでしょうか。実は、裏面ちゃんと消せてなかった??こう来たら、こう返す・・・的なイメージトレーニングをしつつも、結構ビビリながら研究室に入ると・・・。

教授「どうしたの?途中から白紙だったけど、体調悪かったの?」
・・・おや、これはチャンス!?

ダメ人間「・・・ちょっと・・・」(とおなかの辺りに手を)

教授「そう、じゃ、今から書いて。」
えぇっ、いいの?

研究室に山積みになっている、回収した教科書の中から、あたしの(新品)教科書を出してくれました。

ダメ人間「あ、ありがとうございます。では・・・」
・・・カキカキカキカキ・・・。

こうして、あたしは無事単位を手に入れたのでした。う〜ん、どうなんだろ・・・。

Posted by sheana at March 21, 2007│Comments(2)TrackBack(0)よしなしごと
〔救済措置〕へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sheana/50936975
この記事へのコメント
ちょーひさびさ!の更新ですね。
まったく、大学は腐っておる。ほんとに、よく自分の著書を恥ずかしげもなく買わせるもんですね。紀伊国屋でも売ってないような本です。これがまた高い、自費出版じゃねえの?といいたくなるぐらい。あーくだらんくだらん。
私も答案用紙に文句書いたことありますよ。
その先生は、労務管理論の先生で、日経の数年前の記事をいつも使って平気で授業してるもんだから、それについての指摘と、いかにも下世話な巷の話題のトピを授業で扱う、などアカデミックな視点に欠けていることを指摘させていただきました、今思えば大変僭越ですね。
「可」で単位はきましたけどね。
Posted by うがんざき at March 22, 2007 12:24
うがんざきさん、お久しぶりです!
ちょっと、あっちの世界に行っていました・・・。リハビリ中です。

>自費出版じゃねえの?

あたしも思いましたよ〜。本屋さんに置いてないんですもの〜。
うがんざきさんは、文句書いたまま提出したのですね。さすが!最後の最後で、答案の文句を消したあたくしからみれば、ほんと、かっこいいっす!
この話をすると、たいてい「消したの?かっこ悪っ!」とか「ちっちぇー。」とか。。。
Posted by シーナ at March 22, 2007 13:03