トップページへ ≫ 事実婚の日々 ≫ 妹の苦悩

妹の苦悩

久々に実家に帰ったら、妹の結婚話が出ました。

妹のお相手は、既にあたしの両親とも仲がよく、以前から「結婚を切り出すだけ」でいいような状況でした。妹も「彼にプロポーズされている」と言っていたので、後はタイミングを計っているのね、なんてのん気に思っていたのですが。

家族がそろった食卓で、妹が「結婚して家を出てもいい?」と切り出しました。見ると、妹は泣いています。どっ、どうしたのっ!?

妹の相手は長男です。相手の親は、長男が就職する際に実家に呼び戻しており、既に二世帯住宅を建てています。故に、結婚となると同居は避けられない状態です。実家で両親と共に暮らす妹にしてみれば、車で10分の距離とはいえ両親と離れることが気がかりだったのでしょう。
「向こうは長男だし、どうしてもこっちの苗字にはできないみたい・・・。」
とつぶやく妹に、本当に辛い思いをさせてしまったと感じました。

あたしは実家を出て10年以上経ってから、実家とは遠く離れた場所で独断で結婚を決め、苗字を変えないこと(婚姻届を出さないこと)も自分の独断で決めて、かなり好き勝手にやってきているのです。なんだか、とても後ろめたい・・・。

両親は、「お墓をどうするかさえ決めてもらえれば、あとはいいよ。」と。
そして、妹は「私が男の子を2人産めばいいんだよね?」と。

あぁ、なんだかもう・・・。とても居場所がない雰囲気。あたし、まだ子供は考えてないし、男の子2人も持てるとも思わないよ。その上、あたしが苗字を変えなかったのは、家を継ごうと思ったからとか、この苗字を絶やしたくないと思ったからではないというところが痛い・・・。ただ、変えたくなかったのよー!

なんだか、自分の売り(笑)としてはそこしか残ってない感じになってきてしまっているけど。でも本当に絶やしたくないと思ったら、婿養子作戦にしないといけないし。本気で男の子を産まないといけないし。いや、そもそも子供を持つことができるのかどうかも分からないし。・・・現実的に難しいと思う今日この頃。

やっぱ、男の子産んだから安泰ってのは、子供が何人も居るのが当たり前だった時代の話なのだなぁ、と実感。今、実家の回りでも、子供は姉妹だけでどちらも結婚して家出て行っちゃったとか、長男が病気で亡くなって孫は女の子2人だけとか、家の危機的な話を聞くわけです。

でもさぁ、この状況じゃ、家系が途絶えるかどうかなんて、もうここ1〜2代の差でしかないよね・・・と思うのです。

Posted by sheana at May 15, 2007│Comments(0)TrackBack(0)事実婚の日々
〔妹の苦悩〕へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sheana/50985955