トップページへ ≫ 事実婚の日々 ≫ 保育所の現実を知る

保育所の現実を知る

友人が子供を産んだので、遊びに行ってきました。彼女は、産休+育児休暇で約半年の休暇を取っていて、もうすぐ仕事に復帰する予定だと思っていたのですが、現実は甘くなかったようです。

彼女は、自分の母親と同居しています。(うらやましい・・・)

が、母親も仕事をしているため、また母親にまかせっきりにすると負担が大きいため、保育所に預けて職場復帰するつもりでした。

子供を保育所に預けるにあたり、年度始めくらいまでは、スムーズに話が進んでいたようです。自治体によって取り扱いが違う部分もあると思いますが、彼女から聞いた話は、以下のようなものでした。

・出産後2ヶ月過ぎるのを待って、ゼロ歳児保育の申込みに行った。面接を受け、入所予約状態になった。

・とはいえ育児休暇中は保育開始できないため、育児休暇終了時点で保育所に空きがあれば入れる、という話だった。・・・ということで、育児休暇を切り上げることも検討するが、相手(会社)がある話なのでなかなか。

・そうこうしているうちに「保育所のゼロ歳児の定員が埋まってしまいました」と連絡が来る。
(どこに怒りをぶつけたらいいのか分からず、電話の相手に「どこに文句言ったらいいですか?」と聞いたそうです。)

・仕方なく認可外の保育所をあたるも、金銭面や保育時間、保育所の環境などの面から厳しくなる。
(確かに、開所時間が朝8:30からでは、会社に遅刻してしまうし、良くない噂を聞けば心配ですよね。)

・夫婦で話し合いの末、彼女が育児休暇を半年延長することに・・・。彼女は「あなたが育休とってよ!」と言ったそうですが、受け入れられず。

彼女は、「育児休暇を延長してしまって、会社に対しても約束を守れなくて申し訳ないし、やっぱり早く働きたい。」とやりきれない様子でした。「こんなんじゃ、2人目もどうしようか考えちゃうよ・・・」と。

彼女は、携わっていたプロジェクトへの復帰タイミングもあり、予定通りに育児休暇を明けたいと強く思っていたのでした。

この話を聞いて、居合わせた女性(彼女の母親含む)は口を揃えて、
「少子化、少子化って言われても、これじゃあ産めないよね・・・。」
と大きく頷いたわけです。

ホント、働く女性が安心して子供が持てるように、どうにかして欲しいです。
Posted by sheana at August 16, 2007│Comments(5)TrackBack(0)事実婚の日々
〔保育所の現実を知る〕へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sheana/51060370
この記事へのコメント
こんにちは。
少子化政策にもっと力を入れて欲しいですし、
保育行政がもっともっと向上してくれなくては困ります。
といっても、ほんとに仕事したいと思ってるのなら、入所についてもうちと段取りをよくするとか、だめだった場合のオプションをどうするか、という調整力は必要だと思いますね、現実問題として。
Posted by うがんざき at August 19, 2007 08:37
彼女に言われたのは、「子供を産むなら、4月に育児休暇が明けるようにした方がいいよ!」ということでした。彼女は、まだしばらくは仕事に専念しようと思っていた矢先の妊娠だったようで。(計画性云々は置いといて・・・)

でもですねぇ、パイの奪い合いというか、1人が入れたら1人が入れなくなるわけですよね。

まぁ、地域によって差はあると思いますが、わたしが同じ立場にあったら、もうちょっと過激な手段に出てしまうかも・・・です。
Posted by シーナ at August 20, 2007 21:38
再び。
定まったパイの奪い合いっていうのではなくて、
無認可がだめだ、夫がだめだ、親がだめだ、会社がだめだってことですが、
この辺の可能性をもう少しそれぞれ調整してみてはどうかな、と思いますけどね。
(あくまで、仕事をしたいなら、です)。
何月の段階か知りませんが、ゼロ歳児の空きがあるなんて、比較的恵まれた環境とは思いますけどね。
Posted by うがんざき at August 21, 2007 23:20
多分「何がなんでも仕事に復帰する」までではなかったってことなんでしょうね。
無認可については、その保育所は乳児と幼児が同じ部屋で保育を受けるらしくて、「風邪とかうつりやすいし心配」って夫だか親が反対したようなこと言ってました。
「じゃ、あんたがどうにかしてっ」と言ってしまいそうですが。

でも、女性が仕事を続けるためのハードルが高すぎると思ってしまいます・・・。(せっかく親が一緒に住んでるのになぁ・・・)
Posted by シーナ at August 21, 2007 23:51
初めまして、たんぽぽさんのトコから来ました。

私の住んでいる市区は公営保育所をすべて民間委託する動きがあり、しかも人口密度がひどいことになっていて土地の空きが不十分なので余程じゃないと保育所が増えることはなさそうでガックリしています。こちらでは0-2歳の待機児童が二桁です。

複数の言語持ちって貴重らしいからと仕事に就きたいけどその前に健康問題も大きくなり、医師にもひとりで休息を取ることを勧められています…入院だけはしたくないです(涙)。やっぱ倒れたり入院でもしないと休めないのかなあ…。

でもこちらにお邪魔して、共感して少し安心しました。ありがとうございます。ひとりじゃないですよね!ネットがある時代でよかった。
Posted by mmm at January 13, 2011 20:36